食欲をあまり我慢しなくてもよい?置き換えダイエットの効果

運動量を増やすよりも食べる量を減らす方が簡単

ダイエットは運動によって消費カロリーを増やすよりも、摂取カロリーをできるだけ少なくし、それを継続した方が成功率が高くなります。というのは、運動をする場合、ジョギングやウォーキングに行く、あるいはスポーツジムに通うなど手間がかかります。スポーツジムが電車に乗らないといけないほど遠くにある場合、途中で面倒になってやめてしまう可能性が出てきます。しかし、摂取カロリーの減少は、食事量を減らすなどすれば簡単にできるからです。

カロリーの高い食品から低い食品に置き換える

ただ、標準体重を大きく超えているような人が食事量を継続して減らすのは、運動を続けるのと同じぐらい大変です。では、どのようにしてその大変さを克服すればいいのでしょうか。最近、注目されているのは普段摂取している食品を別のものに置き換えるという方法です。たとえば、ジュースが好きで毎日飲んでいる人の場合、そのジュースをカロリーオフのものに切り替えれば、摂取カロリーを大幅に減らすことができます。もし、200ミリリットルで100カロリーのジュースを朝昼晩と三回飲んでいたら、それを0カロリーの飲み物に換えるだけで一日300キロカロリー減らせるのです。

置き換えダイエットは我慢を減らせる

置き換えダイエットが、ほかのダイエット方法と比べて優れているのは、食事量を基本的に減らさずに済むという点です。ジュースであれば、置き換えダイエット以外の場合、ジュース自体を飲まないという選択になってしまい、非常に物足りなく感じてしまいます。そして、そのストレスによってリバウンドする可能性があるのです。しかし、カロリーオフでも似た味のジュースをそのまま飲める置き換えダイエットであれば、甘い物を摂取したいという欲求を我慢しなくてもいいので、ストレスがたまらず続けやすいのです。

フェアリーレシピの効果の現れ方は、人それぞれの体質や年齢、生活習慣などに大きく左右されることがあります。